top of page
東中野スタジオ

NATURAL
DANCE 
THEATRE

STUDIO

東中野スタジオ

東京都中野区(JR東中野駅徒歩10分)にあるダンスカンパニー・ナチュラルダンステアトルの拠点スタジオです。

毎週ネオクラシックとコンテンポラリーダンスのオープンクラスを開催しています。

COMPANY

カンパニー

オープンクラス(ネオクラシック/コンテンポラリーダンス)を通じて

幅広い事業に参加できる人材を育成・発掘しています。

ダンスのスキルを活かして働きたい方、乞う。

 

毎火曜日・木曜日・土曜日・日曜日11:00〜12:45:オープンクラス/13:00-15:00:カンパニー

 

上演作品(演目)のリハーサルやワークショップのカリキュラム研修など年間を通じて事業制作を行なっています。ダンサーから役者までの幅広い人材を随時募集しています。

​ネオクラシック講師

​中村しんじ
​ナチュラルダンステアトル主宰
演出家 振付家 舞踊家

​ 学生時代に舞踊家の本田重春、サトウノリエの元でモダンダンスを始め19歳に渡欧。モーリス・ベジャール主宰 ベルギー国立舞踊学校ムードラ(現在のスイス舞踊学校ルードラ) を卒業し、振付家のミーシャ・ヴァン・ノック主宰『ロンソンブルバレエ団』(ダンステアトル/演劇舞踊の舞台を制作し、振付家のマギー・マラン、アン・テレサなど輩出するダンス・カンパニー) に入団。7年間ヨーロッパでダンサーとして活動を経て帰国。ダンステアトルの舞台上演に意図を持って、1991年に自らダンス・カンパニー『ナチュラルダンステアトル』を設立。

 

 宮本亜門ミュージカル(イッヒ ヴィン ヴァイル)、名倉加代子公演、劇団ひまわりミュージカル(家なき子)など客演。東京藝術大学オペラ(オルフェウス)、スペイン舞踊 長嶺ヤス子の振付など手掛け、舞台演出家、振付家、舞踊家として活動。

 

 1998年「ありす」、2000年「PINOCCHIO」、2003年「東京ダンスホール」、2005年「さーかす」(演出)等、新国立劇場委託公演を経て、2008年に北米の2大ダンスフェスティバルと言われる ジェイコブズピロー・ダンス・フェスティバル と アメリカン・ダンス・フェスティバルの北米2大ダンスフェスティバルを同時ツアー、翌年ドイツ4都市を巡回公演し、国際芸術交流へと発展。2008年より文化庁事業を委託(学校巡回公演)。2012年に株式会社ナチュラルダンステアトルを設立。

 

1996年 音楽新聞 村松賞

      社団法人現代舞踊協会 ベストダンサー賞

1998年 98’私が選んだ邦人作品ベスト3 第1位

2000年 社団法人現代舞踊協会 江口隆哉賞

2006年 芸術選奨文部科学大臣賞

​コンテンポラリーダンス講師

​川野眞子
振付家 舞踊家

​ 幼少期より川野依久子の元でモダンダンスを始め、池田瑞臣、和田寿子にモダンダンス、鈴木恵美子にクラシックバレエを学ぶ。1991年に 『ナチュラルダンステアトル』 の発足よりソリストをつとめる。中村しんじ振付作品『し・が・ら・み』で 社団法人現代舞踊協会 新人賞を受賞。

モダンダンス、ポストモダン、創作バレエなど客演した後、

1999年ダグ・バローン(アメリカ)、2000-2004年テッド・ロビンソン(カナダ)、2000年中国歌舞団、2004年デンマーク国立演劇学校、2006-2007年リー・ウォーレン(オーストラリア)など、世界各地の演出家、振付家の創作活動に参加。

2005年に新進芸術家公演事業として作品『さーかす』を振付。2008年より学校巡回公演事業のワークショップや芸術体験プログラム、カリキュラムの開発、指導員の養成等 担う。

1990年 社団法人現代舞踊協会 新人賞

2000年   社団法人現代舞踊協会 ベストダンサー賞

2003年 財団法人松山バレエ団 芸術奨励賞

2005年 東京新聞 中川鋭之助賞

bottom of page