top of page

​重心

​「体幹を整える」、「位置確認」、「下半身の安定」、「空間を認知する」など、

いろいろなアプローチの仕方がありますが、なんのため?

​ケガをしにくい動き方・ポイントは重心

​立ち方や重心に気をつけるだけで、

体はどんどん変わるから。

重心が低い姿勢で動作をおこなうということは、安定して動作をおこなうこと、

自分の体を守ること、2つの大事な意味があります。

 で、そもそも重心って何?

立った姿勢での体の重心は、骨盤内の第2仙椎のやや前方にあります。

仙骨2.jpeg

重心から地球の中心に向かう線を

「重心線」といいます。

ストレッチボールに乗ると整う感じがするのは、重心線が整うから。

 

重心がずれるとどうなるのか?

​筋肉や関節への負担が増す。体の一部に負担が偏り、疲れやすくなったり、ケガのリスクが高まります。

​猫背や反り腰などの悪い姿勢が生じることもある。

​体のバランスが悪くなり、運動時の

パフォーマンスが低下する。

bottom of page